色鉛筆&水彩&アクリル絵の具を使った絵本の挿絵 子猫作品2の制作過程

 
赤い箱に入るレオン




この記事を書いている人 - WRITER -
PG・SEから猫カフェオーナーを経てネットビジネスを始め、現在は猫の絵本を制作しています。 大人も子供も癒されるような子猫の絵本を作り、多くの人々に広めたいです。 2017年12月に最初の電子絵本を出版し、無料キャンペーン中に絵本と読み物カテゴリーで5日間1位になりました。

アイコンなどに使っていたチンチラとブリティッシュのミックス猫『レオン』の赤い箱に入った子猫の写真。
数年前にアメーバブログでご縁があり、イラストレーターの「いのうえむつみ」さんに描いてもらいました。
今度は、これを自分で色鉛筆で描いてみました。

子猫の『レオン』元の写真

レオン子猫

レオンが家に来たばかりの頃、子猫の時間は少ないので毎日のように写真を撮っていました。

親戚から頂いたお菓子の入っていたおしゃれなパッケージ。

レオンを入れてみたら丁度良く収まりました。

レオンは、もともと箱に入るのが大好きで、居心地良さそうにジッとしています。

娘の友達が遊びに来た時、この写真をあげたら「こんなに可愛い子猫初めて見た!」と喜んでいました。

子猫の『レオン』いのうえむつみさんに描いてもらったイラスト

いのうえむつみ作画

レオンの写真が気に入って、アメーバブログのヘッダーに入れてたら、猫ブログ繋がりでイラストレーターの「いのうえむつみ」さんの目に留まりました。

猫の写真を描きたいと被写体を募集されていましたが、私のブログのレオンの写真を見て「描きたい!」と思ったそうです。

このイラストは、猫カフェをやっている2年8カ月の間、ずっと茅ヶ崎の猫カフェ「ねこのすみか」に飾らせてもらいました。

子猫の『レオン』制作過程

最初は、鉛筆で下書きします。

その下書きが薄くなるまで練消しゴムでたたくようにして消します。

その後、色鉛筆で描き始めました。

目の位置が上手くなかったので書き直したり、口の位置を変えてみたりしました。

色鉛筆画レオン1

「なんで首だけあるの?」と言われたこともあったり、前足が出ていると可愛いので出しました。

取りあえず、こんな感じに全体像が決まりました。

色鉛筆画レオン2

写真のレオンの目は、まだ子猫の焦点のあっていない時のグリーンがかった目の面影が残っています。

でも、私は、その焦点の合っていない目を可愛いと思えないので(昔焦点の合っていないイカレタ目の人が怖かったので)
もう少し大きくなったレオンの目を参考にしました。

色鉛筆画レオン3

目や毛の黒い部分や箱の中の暗い部分に黒は使わず、青・赤・緑、それにオレンジ・紫などを使います。

箱も上の部分、手前、側面と色を変えています。

猫の毛の部分は、オレンジ・黄色・水色・青。

耳の部分はピンクを使っています。

もっと色を重ねます。

色鉛筆画レオン4

今回は、背景を水彩絵の具でぬってみました。

色鉛筆画レオン5

水彩絵の具でぬるとムラが出来てしまい、先生に上から色鉛筆で似たような色をぬると良いと言われました。

色鉛筆で似たような色でぬると、周りが鮮やか過ぎてしまったので、水色やもっと薄い色も重ねてぬりました。

色鉛筆画レオン6

本当は、白い部分はぬり残しておくのですが、細かい毛の部分を残しておくことが出来ませんでした。

電動消しゴムで消す方法もあるのですが、電動消しゴムを持っていません。

そこで、後からアクリル絵の具の白で耳や体の周りのふさふさした毛を付けたしました。

色鉛筆画レオン7

アクリル絵の具でぬった線が太かったので、周りを少し濃い色の色鉛筆でぬると毛のフワフワ感が出ると言われました。

加えて、赤い箱の立体感がなかったので、濃い赤を上塗りしました。

本当は、最初に青で影をぬっておくべきで、後から影の部分を青でぬろうとしても上手く色が重なりません。

一番暗い部分ではなかったので、濃い赤でも大丈夫でした。

手の影も後から付け足しました。

 

色鉛筆画レオンスキャン

仕上がりにフィキサチーフという定着液を吹き付けてもらいました。

そのままだと絵が擦れたりして落ちてしまう場合があるからです。

この絵は、カメラで撮ったものではなく、スキャンしたものです。

今の『レオン』も箱に入るのがお気に入り

箱入りレオン

あんなに小さくて可愛かったレオンも、大きくなってタヌキのようになりました。

大きくなっても、やっぱり箱に入るのが大好きです。

いつもスリスリしてくるので、抱っこするとゴロゴロいって前足を私の顔に押し当ててきます。

私には、そんな今のレオンの方が可愛いと感じられます。

この記事を書いている人 - WRITER -
PG・SEから猫カフェオーナーを経てネットビジネスを始め、現在は猫の絵本を制作しています。 大人も子供も癒されるような子猫の絵本を作り、多くの人々に広めたいです。 2017年12月に最初の電子絵本を出版し、無料キャンペーン中に絵本と読み物カテゴリーで5日間1位になりました。
 

Copyright© モフねこ絵本 , 2017 All Rights Reserved.