あなたの家の猫ちゃんは、フィラリア予防の薬をつけていますか?
蚊のいる季節は、地域によって異なりますが、日本では大体4月頃から11月頃までいます。
あなたの大切な家族である猫ちゃんの健康を守るために、『フィラリア』についての知識を持ち、予防しておきましょう。

『フィラリア』ってなに?

『フィラリア』とは、蚊に刺されて感染する寄生虫で、別名「犬糸状虫」といいます。
蚊の体内で育ったフィラリアの幼虫が刺し傷から猫の体内に移動します。
フィラリア幼虫は、猫の体内で成長し、心臓へ向かって移動します。
肺などの臓器内を移動中に強い炎症を起こし、咳などの症状を起こします。
症状から、他の病気と間違われたり手遅れになることが多く、最悪の場合死に至る事もあります。
猫が落ち込む

・失明
・痙攣
・突然死
・お腹が膨らむ
・尿が赤くなる

最初は、フィラリアによって肺や気管支が障害され、『2週間くらい続く軽い咳』のような症状が多くみられます。
そしてこれらは、『猫喘息』と誤解されることも多いです。

珍しい病気? いえ、なんと10頭に1頭が感染?!

猫のフィラリア感染率が年々増加しているといわれており、猫の10頭に1頭が感染しているという全国的なデータも発表されています。
外に出入り自由の猫だけがなるものでは、ありません。
猫も室内で蚊に刺されることがあり、実際、室内飼育の猫の方が多く感染しています。

また、近所にフィラリアにかかった犬などがいると、その血を吸った蚊が虫を持って飛んで来るので、フィラリアになるリスクが高くなります。
猫が怖がる

症状が出る前に感染しているかどうかわかるの?

動物病院で血液検査などをしてもらえばわかります。

また、感染している状態で予防薬をつけると、激しいアレルギー反応(アナフィラキシー)を起こす可能性があります。

蚊の発生していない時期から、ほぼ1カ月毎に続けて投与していれば良いですが、そうでなければ予防薬の投与を始める前に、血液検査を受けることをお勧めします。
蚊

予防は簡単! 月1回の投薬でOK!

フィラリア症の予防にはスポットオン製剤があります。
1ヵ月に1度、猫の背中の肩甲骨の間に薬を垂らします。
『レボリューション』という薬で、生後6週から使用でき、副作用も少ないです。
また、ノミ・回虫・鉤虫・シラミ・ミミヒゼンダニも一緒に駆除してくれる優れものです。

ただし、注意して欲しいのは、虫を駆除できるのは、猫の血を虫が吸った場合です。
ですから、猫の血を吸っていない虫が猫についていることもあります。
特に犬を一緒に飼っている場合、犬を散歩に連れて行った際に虫がつき、そこから家の中で飼っている猫に移ることがあります。

この薬は、動物病院へ行って、つけてもらうこともできます。
でも、病院へ行くのは猫にストレスがかかりますし、薬を購入して自宅で付けた方が安いです。

『レボリューション』は、Pfizer(ファイザー)社製で、日本以外にアメリカやヨーロッパの国々でも使われています。

ヨーロッパでは『ストロングホールド』という商品名ですが、成分内容や使い方は、全く同じです。
ネットで安く手に入れることもできるので、まとめ買いがオススメです。

使い方は、簡単!
ほんの少しの液体なので、あっと言う間につけることが出来ます。
この液を垂らしたら乾くまでその部分に触らないようにし、もし触って薬が皮膚についてしまったら、石鹸などでよく洗っておきましょう。

また、いつ投薬したのか次回はいつ投薬すればよいのか、室内カレンダーや携帯のカレンダーなどにメモして忘れないようにしておきましょう!

いつからいつまで予防すれば良いの?

予防薬は、蚊を見かけるようになったら投薬を始め、見かけなくなっても1か月後まで続けます。
最近は、蚊の発生期間が伸びているので要注意です。
地域によって差はありますが、大体4~12月の間、毎月1回投与するのが一般的です。

猫のフィラリア予防の薬で安い価格のものは、こちらです。

更に今だけ、クーポンコードが使えます!
お買い物の際にクーポンコードをコピーしてご利用ください。

10%引きクーポンコード
RC8EH7F2

※ クーポン(コード)の使用は会員様ごとに1回までとなっております。
※ クーポン(コード)の有効期限は2017年8月31日(木)までとなっています。