かわいいモフ猫でいやされる~

電子絵本「子猫のソイとクリ」Kindleで好評発売中!

吉祥寺の猫カフェ「てまりのおうち」

WRITER
 
てまりのおうち
この記事を書いている人 - WRITER -
猫カフェオーナーを3年近くやっていました。 愛玩動物飼養管理士2級も持っています。 家猫は4匹。 今までに世話した猫は100匹以上。 多くの猫と接してきた経験より、猫についてためになる情報をお伝えします。 また、猫カフェをやめてから子猫の絵本を作っています。 2017年12月に最初の電子絵本を出版し、無料キャンペーン中に絵本と読み物カテゴリーで5日間1位になりました。

先日、吉祥寺に行く用事があり、猫カフェ「てまりのおうち」に行ってきました。
「てまりのおうち」は、まるでトトロの森のような内装だと聞いていたので、1度行ってみたかったのです。
時間を気にせず、1日中のんびりもできます。

「てまりのおうち」の入口は

吉祥寺は、街の雰囲気もオシャレ。
色々なお店が建ち並ぶなか「この辺かなぁ」と探していると、看板がありました!

どうやら、10月中に「吉祥寺ねこ祭り」をやっていたようです。
吉祥寺は、猫の街なのでしょうか?

3階まで階段を上ると、入口があります。
「猫のいる森」って雰囲気が漂ってきます。

 

まずは受付で説明や注意事項を聞き、手を洗って中へ入ります。

「てまりのおち」は森の中をイメージしたオブジェがいくつも

てまりのおうちの中では、番号が割り当てられ、ちゃんと席が決まっています。

1部屋だけですが、中にあるオブジェも部屋になっていて座る場所やテーブルがあります。
思ったよりも広くありませんでしたが、2,30人くらい席があるでしょうか。
貸し切りパーティーでは、60人まで入れるようです。

 

このオブジェは、森の中の1軒屋のよう。
ハロウィンバージョン。

このオブジェの中の窓から顔をのぞかせているのは、ロシアンブルーの猫ちゃn。

 

肉球の形の部屋の中にも猫ちゃんがいますね。

メインクーンの「ファニー」ちゃん。

手前は、アメリカンショートヘアの「わらび」くん。

 

かまくらのような形の部屋があります。

黒いニャンコも一緒にくつろいでいますね。

 

このオブジェは、水がたれそうに作ってあるフェイク。

アメリカンショートヘアの「かえで」ちゃんがさっそうと歩いています。

 

小物や洋服つけられても平気な大人しい猫ちゃんたち

この子は、スコティシュフォールドの「けまり」ちゃん。

 

何やらつけられて、ちょっと迷惑そうな顔してる?!
メインクーンの「くろあめ」ちゃん。

 

ハチさんの格好させられているのは、「つくし」くん。

 

この猫ちゃんは、私の席に来てずっと寝ていました。
エキゾチックロングヘアの「しめじ」くん。

真っ黒で、よく見ないと顔がどこだかわかりません。

ずっと舌を出しっぱなしだったので、触ったら引っ込めました。
でも、またすぐに舌出していました。

食事や飲物も美味しい

ご飯を食べていなかったのでハッシュドビーフを注文しました。

隣の人が木イチゴスムージーを頼んでいましたが、美味しそうでした。

 

自家製スコーンが焼きたて。
ブルーベリージャムとクリームがついています。

 

上に乗っているのは、エジプシャンマウの「ピーター」くん。

この猫ちゃん食いしん坊で、私のクリームを取りに数回やってきました。
さて、どうなったのか動画でどうぞ!

動画に写っているマンチカンのモップくん、動画は撮れませんでしたが超短足なのに早足で動き回り面白かったです。

まとめ

ちょっと不思議な空間で、猫と思いっきりのんびりできる場所です。
猫たちは、とっても大人しく、人にも慣れています。
猫によっては、自ら近づいてきてくれる子もいました。
撫でても平気な子に逃げてしまう猫ちゃんもいましたが。
もう大人なので、ねこじゃらしにもほとんど反応なしですが、ベンガルちゃんは遊んでいました。
おやつを購入してあげることもできるので、そうすれば必ず寄ってきてくれます。
スタッフも良い感じでした。
猫もきちんと健康管理やお手入れされているようでした。

食事・デザート・飲物もついたカップルまたは女子会プランなどもあるので、また利用してみたいです。

帰りがけに姉妹店舗の雑貨屋さんにも寄ってみましたが、猫グッズが色々あって可愛かったです。

「てまりのおうち」のホームページはこちら。

この記事を書いている人 - WRITER -
猫カフェオーナーを3年近くやっていました。 愛玩動物飼養管理士2級も持っています。 家猫は4匹。 今までに世話した猫は100匹以上。 多くの猫と接してきた経験より、猫についてためになる情報をお伝えします。 また、猫カフェをやめてから子猫の絵本を作っています。 2017年12月に最初の電子絵本を出版し、無料キャンペーン中に絵本と読み物カテゴリーで5日間1位になりました。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© モフねこ , 2019 All Rights Reserved.